低体温症


3年前、長崎県沖から太平洋小笠原諸島沖まで一ヵ月半漂流して助けられた小型漁船の船長が
『人間って、なかなか死なないものですね』と迷言をテレビニュースで言っていました。たしか
に、人の身体は良くできたもので水さえ呑んでいれば、食べ物を食べなくても生き延びられます。
また極端の話、手足が無くても生きていけます。つまり人間の生命維持に関わっているのは脳・
内臓(コアーと言います)なのです。コアーの体温が上に6度上がれば『熱中症』、下に6度下が
れば『低体温症』です。今まで元気だった人が2〜3時間で信じられませんが死にいたります。

ハイキングでも、道迷い、怪我により歩けなくなって助けてくれる仲間がいない時、最後は『低
体温症』で亡くなるケ−スがよくあります。『低体温症』はなにも冬山に限りません。夏山でも、
綿の服を着て雨に濡れれば『低体温症』になります。

今回のテーマの『低体温症』に至るまでには、身体内部から防御反応として危険信号がでます。
冬山で『低体温症』により遭難死する人のザックの中を検証したら【生き延びる装備(食料・ガ
ス・テント等)】を持っているのも関わらず、身体から出ている危険信号がわからず体力を使い
きり、装備を使う判断能力も無くなり命を落としています。

正しい新しい知識を持ち合わせていたら これ以上動けば危険なのがわかるはずです。

危険信号の第一段階は、手足の血流が悪くなり体温35度にさがれば「ガタガタ」と震えが継続し
ます。これは筋肉が弛緩運動することにより、熱エネルギーに換える防御システムです。34〜33
に下がれば、いままで普通にできていたこと…たとえばアイゼンの付け外しに非常に時間がかかっ
たり、意味不明の独り言を言ったり、手袋を落としたり行動能力が極端に低下します。そして体温
が32度になれば、映画『八甲田山』の遭難のように、幻覚を見たり、幻聴を聞いたり、雪の中を裸
で暴れたりというような異常行動をします。これは脳細胞が冷たくなった血液により正常に機能し
なくなったことに原因があります。低体温になれば、動脈が比較的に表皮近く出ている太ももの内
側、わきの下、首周りを暖めてください。血液温度が上がりコアー体温も上がり意識は戻ります。

『低体温症』にならない為に

@  血液をサラサラにする食生活に心がける。
   身体の末端手足の血流が悪いと手足の冷え性から凍傷になる。

A  水分を十分に取る。

B  事前に手足を温める。

C  身体全体を顔と同じにする。

 皆さん、顔には服を着ないでしょう。いつも顔を露出していますので寒さに強いはずです。薄着
のトレ−ニングを行い寒さに耐えられる身体にする。
(私が冬山でも半袖でいるのもトレーニングしているのです。ブタで暑いからではありません?)

ここで 「クイズ」です。

 @、雪の中で倒れていた人がいました。身体も冷たく意識もなく、何とか山小屋まで運び、暖かい
   お湯に冷えた手足をつけ身体を温めました。

 この応急処置は、○  ×  どっち?



※ 答 ×  昔の常識では○ですが新しい医学知識では×です。

 すぐに温かいお湯に手足をつけないでください。(身体も冷たく意識もない人はですよ。)手足の
 冷たい血液が一気に脳・心臓に達し障害をおこし死に至ります。

(オッチャンとしては、美人の人肌で暖めてほしい! これは効き目があります。)

又、なだれにあった人を助け出し意識があり元気で自力で歩けても、相手が大丈夫といっても
絶対歩かせないでください。動いたことにより血液が循環し上記の同じ理由で死に至ります。