サブリーダーの役割


今月のコラム
    サブリ−ダ−(SL)の役割

メンバ−シップ、リ−ダ−シップについて書いてきましたが、サブリ−ダ−(以下SL)の役割について書いている本はほとんどありませんので、私なりの考えを記したいと思います。

 山行中、SLの役割を理解しているメンバ−がやってくれれば、リ−ダ−(CL)は一番後から見ているだけで事故さえなければは気楽な役割です。

 SLの役割で皆さんが一番に思いつくのは、ル−トファイディング(登山道探索)ですが

それ以外、大事な役割が沢山あります。

@       危険箇所は「ヘタ」に歩く。

  2番手が初心者のとき、危険箇所通過する場合SLが手取り足取り教える時があります。(SLが男性で2番手が女性の場合、特に多い)それもケ−スバイケ−スで中には自分で考えないで指示されないと足が出ない初心者もいます。そのような人はいつまでたっても上達しません。SLが上手く危険箇所通過をしないで、あえて下手くそに、お尻をついたり、後ろ向きに下りたりし、あえて「ここは危険です」と注意しないで歩き初心者が自分で考えるようにしむけます。

A       SLは、前方7割 後方3割を見ろ。

    前方7割は勿論ル−トファイディングですが、分岐の道標、踏み跡、テ−プを信用しない。常に地形図で確認する習慣をつける。道標はいたずらで向きが変えられていることがある。人間心理で同じ所で間違えることがあるので間違いの踏み跡のほうが正規の踏み跡より大きい場合がある。間違いのテ−プがある。林業のテ−プもある。

  後方3割は、後方のパ−ティの確認もしますが大事なのは後の景色も記憶に留めておくことです。迷っても元の場所に戻る時役立ちます。

B       常に同じペース配分で歩く。

   私の経験から言えばほとんどのSLは歩くのが早すぎる。中には早く歩ける事が自慢の人がいますが、その方はSLには向きません。早く歩ける人には遅く歩くことに合わせるのが苦痛ですが、本当のベテランは初心者に合わせて遅く歩ける人だと思います。老年の方が参加している場合、午前中特に早く歩かれるとその日のトレッキングは辛い1日になります。又2番手に早い人がつくとSLはどうしてもせっつかれペ−スが乱れます。その場合は、早い人を後に移動させ足の遅い人を2番手につけるのが基本です。(しかし、あまりにも遅い人がいてパ-ティの時間配分がくるう時はCLが判断し別パ-ティを作ります。)

  私の場合は、1分間に登りは7mの高度差、下りは1分間に10mのペ−スを常に高度が判る時計で確認しながら歩いています。(5mmの円の中に等高線が4本の勾配のとき)これは老年でも息が上がらないペ−スです。これは皆さんが思っているより遅いペ−スです。このペ−スで歩けば疲れもなく歩け結果事故防止につながります。

C       2番手の息づかい、足音を聞きながら歩く。

  Bのペース配分にも通じますが、2番手の初心者・体力の無い人の「ハァ、ハァ」と言う息づかいの度合いを後を見ないで耳で確認して、ペ-スを落としたり休憩をSLの判断で行います。 又、「ドスン、ドスン」と落ちるような歩き方をする2番手はその内足を痛める可能性があるのでストックを使うよう指示します。