計画段階でどこまで
「事故」を想定しているか


山行成功への鍵は計画書にあります。山行計画書は、計画がメンバーの力量に合わせた日程なのか? 事前の天候チェックはできているのか? 食料計画はどうなのか? エスケープルートは? 装備に過不足はないか?又、事故が起こったとき、誰を伝令に走らせ、誰を現場に残すかなど、最悪の事態を想定して作成していきます。

山の中でのメンバーの協力があれば、こうした計画書を完成した段階で、山行の7割は成功したと言っても過言ではありません。

計画書を見れば山行に対する姿勢も読み取れる

しかし、昨今の事故を見聞きしていると、首をかしげたくなる事故が多く見受けられます。ここでひとつ笑い話のような本当の話を紹介します。

東京の銀座を管轄する警察に「主人が銀座に行くといって何日も帰ってきません」と奥さんからの電話。それを受けた警察官は「どうせ銀座の美しい女性に入れあげて帰らないという、よくある話だ」と思いました。しかし、よく話を聞くと

「主人は山に行くような服装で出かけた」とのこと。たまたま山をやる警察官だったので「ご主人は表銀座とか裏銀座とか言っていませんでしたか?」と尋ねると「表銀座」とのこと。すぐ長野県警に連絡し、表銀座を捜索したらハイマツの下で亡くなっていました。

 山に行くのに計画書を作成しないのはもってのほかです。彼も、どこに行くのか正確な計画書を家族に渡しておけば、「予定の下山日時に連絡がない」と家族が警察にすぐに届けることもでき、最悪の事態は回避できたかもしれません。

 また、立派な計画書を作ったからといって、事故が起きない保障はありませんが、計画書を見れば、そのパーティの力量、山に対する姿勢などが読み取れます。計画を担当した者は、計画書通り山行が終わった時、心の中で「にんまり、してやったり・・・」という気分になりますが、予定した時間に目的地に着かなかった時など(その理由にもよりますが)計画の甘さに落ち込んだりもします。

            メンバーの力量も見据えた計画

 ここで問題を出します。10点満点で、9点の力量を持った人が9人、1点の力量を持った人が1人の合計10人のパーティがいます。あなたはこのパーティの力量は何点だと思いますか? 9点のベテラン9人いるので「9点のパーティ」と思いますか?実は「1点のパーティ」なのです。

登山というスポーツは他のスポーツと違って「1点の初心者」がバテたと言ったら、他の9点のベテランの人が選手交替をすることができません。荷物を持ってあげることはできても、自分自身の体は下山口まで自分の責任で降りなくてはいけません。登山は自己責任です。

「行きたい山」と「行ける山」は違います。行きたい山に行けるようにトレーニングが必要です。フルマラソン42.195kmを、トレーニングしないで走る人はいないと思いますが、こと登山に関しては、天気さえよければ「特別な技術は入らない」

と思うのか「足を交互に動かしていけば目的地に着く」と軽く考えている人が多く見受けられます。しかし、アルプス縦走などは、天とはくなら10時間近く継続して重い荷物を持って歩くという、マラソン以上の過酷なスポーツです。

 リーダー(山行計画者)は、メンバーがその山域にあった体力を持っているのか、その山へ行くためのトレーニングをしているのかをチェックするべきです。そして、冷静に検討して、無理だと判断したならば、リーダーはそのメンバーの山行を断る勇気も必要です。

     事前に調べられることは計画段階で調べておく

さて、計画の立て方です。行く山が決まれば、同じ山頂を目指すにしてもコースによって状況が違うので、そこを上りに使うのか下りに使うのかなど参加メンバーの中で一番体力のない人を基準に、最悪の事態を想定してコースやコースタイムを決めます。コースタイムも、登山地図のタイムは参考程度にしてあまり気にせず、

参加メンバーの年齢、男女構成比、体力、経験などを考慮します。そして、15時をめどに小屋又は幕営地に着くようにします。エスケープコースもメンバー全員で確認しておきます。

 リーダーはメンバーの状況を常に把握、バテる前に見極め、事前に対処することが任務です。そして、何かアクシデントがあれば、パーティーを安全な場所に避難させます。通信手段がなければ、近くの小屋まで事故内容を知らせる伝令(2人以上必要)を走らせます。これは計画の段階で任務を決めておくべきでしょう。なお、私たち関トレでは「個人情報」と「事故時のマニュアル」を書き込んだ「ピンチカード」を作り、全員がザックの雨蓋に入れておくようにしています。

 通信手段も、携帯電話の普及で事故第一報は早くなりましたが、山ではまだまだ携帯電話の通じないエリアも多くあるので、アマチュア無線機があれば安心です。できれば、山行中通過する山小屋の無線機の周波数など最新情報を入手することも重要です(小屋によって周波数を決めて常時開局しているところがある)。

下山予定時間を決め、下山したら在宅連絡者にすぐ連絡します。なお、最終下山時間も決め、警察に連絡する時間も設定しておきます。計画書の裏には、個人装備表、共同装備表、食料計画、会計計画、概念図、警察や小屋、そして関係行政庁や天気案内などの連絡先を一覧表にして明記しておきます。とくに初心者は、山の用具の段取りがつかみにくく、余分な装備を入れ、必要な装備を忘れることがあるので、装備の点検は十分に行いましょう。出発前、各メンバーのザックの重量を確認し、飛びぬけて重いザックを持っている人がいないかも確認してください。

    「ついてきただけ」ではメンバーといえない

「メンバーシップ」という言葉をご存知ですか?「リーダーシップ」はご存知ですよね。山の技術習得の中で、リーダーシップの習得は難しい課題ですが、もしかしたら、「メンバーシップ」はそれ以上に難しい課題かもしれません。昨今の事故例で「リーダーシップの欠陥、メンバーシップの欠陥」が大きな原因と思われる事故が多く見受けられます。

メンバーの皆さん、登山に対する大変重い責任ばかりリーダーに押し付けていませんか?何か起こった時、「私は初心者でリーダーについてきただけ」と思っていませんか?本当はメンバー自身も、登山という行為に対して責任は存在するのです。

パーティの構成メンバーとして、又、山に自分で行くと決めたことに対して、自分自身で責任を持つことです。

 例えば、初心者であっても、山行中に、パーティーとして何をしているのか?

これから何をしようとしているのか?といった行動の流れはつかめるはずです。この流れをつかみ、自分はいま何を行うべきかを、自分で判断し行動すれば、リーダーの指示がなくても責任ある行動をとることができるはずです。そして、リーダーが何か判断や決断をするときに、メンバーとして科学的に意見を具申できるようになることが理想です。