高山病

1800m級でも要注意 正しい知識と対策は

 高山病は何千メ-トルの高山だけでかかる病気ではありません。8月上旬、北アルプスに登山してい
た高校生が高山病が原因と見られる肺水腫で亡くなりました。高山病は医学的に実は解明されてい
ません。一般的に標高2000m以上で起こりますが、体調の悪い方や高齢者はより低い所でかかる恐
れがあります。

何故 高山病がおきるのか

高度が上がれば酸素が少なくなるのは皆さんご存知でしょう。平地を100として富士山頂上では酸
素は1/2ほどになり、こうした環境に体がついていかず、体調を崩すのが高山病(山酔い)です。不
足した酸素を補うため、何度もハッハッと呼吸し、過換気(酸素を多く取り込もうと呼吸が深く早く
なり、呼吸だけでも身体の水分が失われる)と汗をかくことによって、1日に3〜4Lの水分が失われ、
この時十分な水分を補給されないと酸素を運んでくれる血液がネバネバ状態になり血流が悪くなり、
せっかくとりこんだ酸素を身体全体にいきわたらせる事が困難になり高山病にかかります。

ヒマラヤのシェルパ族は4千mの高地に常に住んでいるので、高度順応しているため高山病にはか
かりません。でも高山に行きなれている人でも高山病にかからない保障はありません。海外高所登山
を計画しているパ−ティは事前に数回 富士山で登り下りを行い、(今は、低酸素室があり事前訓練
ができる。岳人11月号参照)高度順応の訓練をしてから出発します。

高山病の症状

                    @     頭痛、食欲不振、又は吐き気がして胸がムカムカする。

                     A     疲労又は脱力感 

                     B     めまいやふらつき

                     C     夜ねむれない

                     D     目がかすむ

などの初期症状が出たら、それ以上登らない。休んでも、症状が悪くなれば下山する。

高山病の対策

                 @   高度を下げる。(私の経験ですが、槍の小屋から100m下った殺生小屋に下りただけで
             改善されるもありました。)

                 A   水分を十分取り、オシッコを出し水分の代謝をよくする。(血液濃度のバランスをよく
             する)
    

                 B   正しい、呼吸を行う。(まず 深く吐き肺の空気を空っぽにすれば、意識しなくても肺
             に新鮮な酸素を取り込める。 案外正しい呼吸法を知らない人が多い。)

                 C   酸素吸入を行う。(山の店で販売している。協会でも販売しています)            

                 D   救心(薬)を飲む。血管が拡張され血液循環が良くなる。                     

           E   
予防の薬で、最近注目されているのが「アセタゾラミド」と言う薬です。欧米では高山
            病の薬として一般化しています。ただし副作用もある場合もあるので、医師の処方が必要
            で保険の適用外3〜5千円します。

日本旅行医学学会 http://www.jstm.gr.jp/

(参考文献 登山医学・朝日新聞)